MENU

働くために生きているわけではありませんが、生きていく中で働くという部分は大きなウエートを占めます
ですから、できることならば、自分にとってもよい働き方でありたいと思います
そして、その状態が長く続くためには、所属している組織が永続的に発展していることが必要です
つまり、個人だけでなく組織も、そしてもちろん組織だけでなく個人も、双方がよい状態になることが大切です
そしてそれは自分と家族、そして所属する組織を取り巻く環境、つまり社会においても同じことです
キャリア開発を進めていくということは、個人の働くこと、生きることがテーマではありますが、それは組織が、家庭が、社会がよりよくなるようにしていくということでもあり、そうした世の中はきっといい世の中なのだと思います

キャリア開発を通じて、組織の活性化と個人の仕事人生のワクワク化を支援します

当社の目的は個人と組織が共生し、よりよい社会となることを支援することにあります